PreEmptive Protection - DashO v8.1 User Guide

環境情報の収集

PreEmptive Analytics コードを使用して、アプリケーションが実行されているシステムに関する情報を収集し、送信することができます。アプリケーションにこのサポートを追加するには、アプリケーション内の 1 つのメソッドに SystemProfile 属性を配置します。PreEmptive Protection - DashO は処理中にこのアノテーションを見つけると、システム プロファイルを収集して、PreEmptive Analytics サーバーへメッセージを送信するためのコードを追加します。通常、このデータは、アプリケーションの実行中に 1 回だけ収集する必要があります。

以下は、収集されるシステム データの種類の概要です。

  • Processors – プロセッサ数、クロック速度、製造元、プロセッサ ID

  • Logical Disks – 論理ディスク数、ボリューム名、サイズ、空き領域、ファイル システム

  • Memory – 速度、容量

  • Network Adapters – IP アドレス、MAC アドレス

  • Domain – ドメインの名前と役割(Windows のみ

  • Display – 名前、リフレッシュ レート、垂直方向および水平方向の解像度

  • Video – 名前、メモリ サイズ、色数

  • Terminal Services – 許可されている接続数(Windows のみ

  • Sound – 名前、製造元

  • Modem – モデル、デバイスの種類

@SystemProfile
public void initialize() {
    // ...
}

PreEmptive Protection - DashO Version v8.1.0. Copyright © 2017 PreEmptive Solutions, LLC