PreEmptive Protection - DashO v8.1 User Guide

ユーザー定義データの送信

インストルメンテーション メッセージのほとんどの種類では、ユーザー定義データ(キーと値のペアの形式)を収集し、メッセージと一緒に送信することができます。この情報を送信するには、アノテーションに customDataSource 属性を指定します。

PreEmptive Protection - DashOcustomDataSource を利用して、実行時にキーと値のペアを収集するためのコードを生成します。customDataSourceProperties インスタンス、つまりフィールドまたはメソッドのいずれかのソースです。詳細については、ソースおよび操作の指定を参照してください。

@FeatureTick(value="Click", customDataSource="getProperties()")
private void buttonClick(JComponent sender) {
    // ...
}

// Creates and populates custom properties
private Properties getProperties() {
    Properties props = new Properties();
    props.setProperty("key1", "val1");
    props.setProperty("key2", "val2");
    props.put("numeric", new Integer(934));
    return props;
}

メモ:以前のバージョンの DashO では、別の PropertySource アノテーションを使用してユーザー定義データを処理していました。

PreEmptive Protection - DashO Version v8.1.0. Copyright © 2017 PreEmptive Solutions, LLC